Days...こぢんまり

あなたのことが好きで好きで大好きで・・・
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 葛藤と反省TOPひとりごとやら日々の出来事やら ≫ 葛藤と反省

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

葛藤と反省

手軽につぶやけたり写真を投稿できるSNSに手を染めて(←)から
すっかりココもごぶさたになってしまった。
もうそんなに人の目に触れることもないだろうから・・・
母として、嫁としてのここ1年ほどの葛藤と反省を書き留めておこうと思う。




私はいわゆる長男の嫁だ。
義父母に好かれようとか、認めてもらおうとか、
そんな気持ちもなく結婚してから今まできたつもりだった。
でも、
普段の生活にしても、
義父母への言動にしても、
子育てにしても、
たぶんこうしたら婚家の意に沿うんだろうな・・・
と常々考えながらきたように思う。

長男は大学に進学し今年の春から社会人になった。
夫も私も就活には殆ど口を出さなかった。
そして、彼が選んだ仕事は私の想像とは全く違う職種だった。
去年の夏に内定を頂き、その後も就活を続けたが結局この会社に決めた。
この結果に義母も喜んでくれるものと疑わなかった。
でも義母にこほ報告をした時、耳を疑う言葉が返ってきた。
違うんだ・・・そう分かった時・・・
何故か私は彼のことについて言い訳がましいことを言って応戦してしまった。

長女は今年から一人暮らしをしながら東京の専門学校に通っている。
小さい頃は身体が弱く、
大事に大事に育ててきた。
家族みんなで可愛い可愛いと育ててきた。
正直、心配で手放したくなかった。
だた彼女には夢があり、
その夢を叶えるためには静岡に留まるという選択肢はなかった。
ずっとずっと、何回も何回も話し合ってきた。
それでも彼女の気持ちは変わらず、
その意思の強さに心を動かされた私は、
結局は本人の望む道に進ませたいという夫の考えに沿うことにした。
2つ下の姪(義妹の娘)は勉強ができ義母のお気に入りだ。
小さい頃からずっと比べられ続け彼女自身も辛い思いをしてきた。
そんな義母は彼女の進路の選択に相当な嫌悪感を露にしてきた。
何故そんな遊びの延長のような専門学校に行くのか?
何故なんの努力もせずに行ける学校に行くのか?
将来はきっとろくな人生を送れない。
いつもに増して、姪と比べてそれはもうこれでもかというくらいこき下ろされた。
そして私はまた彼女のことについて言い訳がましいことを言って応戦してしまった。

私は母親として、
子供達の選択を義母に認めて欲しかった・・・
違う。
そんな選択をした子供達の母親を、
私のことを認めて欲しかったんだと思う。
だから言い訳がましいことを言ってしまった。きっとそうだ。

誰もが羨むような、
周囲に自慢できるような、
大企業に就職したわけではないけれど。
有名大学に進学したわけではないけれど。
お義母さんが気に入らなくても、
これが彼、彼女が望んで選んだ道なんだからいいんだ!
そんな子供達を母親として認め、応援することが何故いけないんだ!!
人はそれぞれに合った道があるんだから他と比べても意味がない!!!
そうはっきり義母に言えば良かったんだ。


義母の意に沿う結果ではなかったとしても、
認めてもらえなくてもいいんだ。
彼も彼女も私たちの子供たちだ。
そして、彼は彼。彼女は彼女だ。
彼の人生は彼のもの、彼女の人生は彼女のものだ。
義母の望むような、、、
私の勝手な思い込みでしかないのだから。
そんな呪縛からもう解き放たれようと思う。

頑張ったら頑張っただけの結果になるわけじゃない。
これを言ったらもともこもないけど、
所詮、義母とは他人なんだから。
これからは、
もっと肩の力を抜いて長男の嫁していこうと思う。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。